0年 0月 の投稿一覧

社員の会計スキルを高めると会社が強くなる件

会計研修

マーカスの事業コンセプトを
「会計」と「人事」で中小企業をサポートする
と、決めてから数年が経ちました。

創業時は、会計事務所として、税務を含む「会計」一点集中でしたが、それに「人事」を加えて、それが現在の「両輪」になっています。

その代表的な仕事が、管理会計をベースとした「業績連動型給与・賞与」の制度設計、運用支援です。

まさに「会計」と「人事」が融合したサービス。

(参考:賞与の決め方・・・業績連動型のススメ!

会計スキル研修そして、今、新たな「柱」として立ち上がりそうなのが「管理者のための会計スキル研修」です。
単なる会計知識の勉強ではなく
「部門別管理会計」を導入し、各部門長が、担当部門の予算立案・予実分析という実務を通じて「会計脳」を養っていく
という取り組みです。

想定以上の効果で、私自身が、実は驚いています。

続きを読む

魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ!

釣り

出所は定かではありませんが、かなり以前に聞いたフレーズです。

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」

相手が空腹で困っているとき、
魚を与えれば「一時しのぎ」はできますが、それは「一時」です。
それに対して「魚の釣り方」を教えてあげると、
その人は、ずっと空腹を満たすことができる、という意味ですね。

続きを読む

支持率を上げて、指示率を下げる

叱る

中小企業には「ワンマン経営者」が少なくありません。
特に、創業期には「独裁」と言われるほど強いリーダーシップが必要なので、むしろ「ワンマン」の方がうまくいくようです。
しかし、安定期に入ったならば、そのマネジメントは徐々に変化させなければ成長率が鈍化する、という事例を数多く見てきました。

続きを読む

「良い会社」のたった一つの条件

組織活性化

かつての近江商人のポリシーと言われている「三方良し」は有名ですが、
「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」です。
売り手と買い手がともに満足し、また社会貢献もできるのがよい商売であるということです。

まったく異論はありませんが、先日、ある経営者と話をしていて、結局、よく似たところに辿り着きました。

「良い会社ってどんな会社?」

業績をガンガン伸ばしている会社、
市場をドンドン拡大している会社、
利益をバリバリ計上している会社、
資金がザブザブ貯めている会社、
スゴイ技術を持っている会社・・・。

いろいろありますが、結局、行きつくところ「幸福」に辿り着きました。

続きを読む

1603年は何の年?

徳川家康

1603年、子供の頃「徳川家康が征夷大将軍に任命されて江戸幕府樹立」と習った覚えがあります。
勉強が苦手だった子供でしたが、645年とか1192年とか、年号を「暗記」したものです。

そう「暗記」です。

江戸幕府が「いつ?」始まった、は覚えているのですが
「なぜ?」は、ほとんど記憶がありません。

「暗記」だからです。

それで「勉強したつもり」になっていました。

「つもり」です。

続きを読む

バカも休み休み○○!

樟葉駅

再チャレンジ。

大阪→京都50キロウォーク。
正午頃、京阪電車淀屋橋をスタートして、京阪電車の駅を順番に巡って、まるでスタンプラリーのように。
結果・・・樟葉駅で無念のリタイア。
万歩計アプリによると、約6時間半、約36キロ。

続きを読む

心と体のメンテナンス・・・今日は人間ドック

今日は、年に一度の人間ドック。
朝から夕方まで「体」のメンテナンス。

3年前に友人の会計士から紹介してもらった今のお医者様にお世話になって、今日が3回目。
面談と詳細のレポートで、安心感があるのと同時に、チャレンジ意欲も沸いてくるドック。

何がチャレンジって?

続きを読む