0年 0月 の投稿一覧

人事評価がブラック”ボックス”な会社は成長できない

人事評価がブラック”ボックス”

ブラックボックス

大企業とは違い、様々な事情から「正しい人事評価制度」を運用している中小企業は少数派です。

社員の多くは「自分は、どのように評価され、どのように給料が決まっているのか?」と、漠然とした不安や不満を抱いています。

残念ながら、その不安や不満を経営者に「相談」や「直訴」をする社員は少なく、それを胸に閉まったままモチベーションが低下し、最悪な場合は「退職」に至ります。

続きを読む

会社のために働くのじゃない!

企業は人なり

研修などを通じて、若いビジネスパーソンと話す機会が少なくありませんが、時々、私の発した言葉に「目からウロコ」って反応が返ってくるともしばしばです。
特にそのような反応が多いのは

「会社のために働く」のではなく「社会のために働く」んだよ。

というフレーズです。

続きを読む

修羅場、土壇場、正念場。

社長の引退

飛び石ではありますが、休日の多い週。
「堀井さんは、連休、どこか行くんですか?」と聞かれることもしばしばですが、
「人混みが嫌いなので、世間様がお休みの時は、自宅に引きこもりです(笑)」と答えは決まっています。

休日、自宅で何をしているか?というと、消化しきれないほど溜まったビデオやDVDを「速見モード」で見たり、同じく「つんどく」している本や雑誌の整理。

そんな、流し見しているビデオから聞こえたキーワード。

「修羅場、土壇場、正念場」

人材を育てるために、リーダーがやるべきこと。
それは、若い間に「修羅場、土壇場、正念場」を経験させること、とお話ししておられました。

続きを読む

孤独な孤高

経営者

ウィキペディアによると・・・

孤高とは、
個人の社会生活における1つの態度を表し、
ある種の信念や美学に基づいて、
集団に属さず
他者と離れることで
必要以上の苦労を1人で負うような
人の中長期的な行動とその様態の全般を指す。

本来は俗世間との通行を自ら断って
1人で道を求める者の姿を指しており、
私利私欲を求めず
他者と妥協することなく
「名誉」や「誇り」といったものを重視する姿勢から、
周囲が「気高さ」を感じるような良い意味での形容に用いられる他に、

協調性を欠いた独自の態度を軽く批判する場合にも用いられる。

迎合主義の対極に位置する。

と、解説してあります。

続きを読む

ブルーノートジャズフェスティバル

marcus

「マーカス」という社名は、大好きなベーシストである「マーカス・ミラー(Marcus Miller)」から拝借したものです。(英語表記は、一字違いですが)

そのマーカス・ミラーが来日ということで、先日、横浜まで出かけ、野外ライブを存分に楽しんできました。

改めて「社名をマーカスにしてよかったな~」としみじみと感じながら彼のプレーに見入っていましたのですが、特に今回は、自ら人選した若いプレーヤーの「育成」という彼の思いがあったそうで才能豊かな無名のミュージシャンを従えてのライブでした。

続きを読む

高齢者という先入観

高齢者

「高齢者」というと、どうしても「おじいちゃん」「おばあちゃん」をイメージし、なぜか「いい人」という先入観があります。

自分が子供の頃の「おじいいちゃん」「おばあちゃん」は、明治生まれの人も少なくなく、確かに「いい人」だったような気がします(気のせいなんでしょうけど)。

だから「守るべき存在」「労わるべき存在」「親切にする存在」って思っています。

でも・・・です・・・。

続きを読む

ニーズは「モノ」ではない。「マインド」なのだ!

乾杯

企業の多くは「顧客ニーズ」に応えるため
商品・サービスの品質を改善したり、
新しい商品・サービスを開発・リリースしたりします。

ついつい、その「商品・サービス」に目が行きがちですが
それは「手段」であって、その商品やサービスの購入の結果
「どんな気持ちになりたいか」が「目的」である、という「視点」が大切です。

供給者・消費者、いずれの立場であっても
マインド」に視点を転換すると
景色が変わってくるので面白いです。

続きを読む

通訳って難しい、と思った件

通訳

先日、お客様の会議を傍聴させてもらった時の話。

メンバーの中に、英語圏の人がいたのですが、大半のメンバーは英語が分からないので、その都度、通訳が入ります。
活発なディスカッションが行われているのですが「ニュアンス」って難しいな、と思いながら傍観していました。

通訳の仕方次第で、印象が全く違うからです。

続きを読む