方程式(2)経営技術力=攻撃力×守備力・・・カンと根性には限界がある

  • LINEで送る

経営技術力 – よく聞く社長の悩み

  • 会社が大きくなるにつれて、会社の動きが鈍くなってきた
  • 順調に成長してきたが、一定の売上ラインで止まり、中々上昇に転じない
  • 最近、どうも「ロス」が増えてきたような気がする

いかがですか?

特に創業以来成長を続けてこられた会社の経営者に多い相談です。
ズバリ「自己流」「オレ流」の限界です。
誤解を恐れずに言うと「カン・根性」の限界です。
ここをブレークスルーするには、組織の成長に応じた「経営技術力」が必要です。

経営技術力 =[攻撃力]×[守備力]

経営技術力

中小企業経営に必要な「経営技術」を勉強する

会社を立ち上げて、ある一定ラインまでは、創業者の強烈なリーダーシップで会社をグイグイ引っ張り、成長するものです。しかし、その後は、やはり「中小企業経営に必要な技術」が必要になってきます。
この「経営技術力」は大きく「攻撃力」と「守備力」に分けられます。
好むと好まざるに関係なく、ビジネスは「市場での戦い」です。
市場や競合を意識することなく経営できるのは極稀なケースです。
殆どの企業においては「市場で勝つ」「市場で生き残る」ということについて真剣に取り組んでいます。
この「戦い」において「永年のカン」や「根性」が上手く作用し続けていればいいのですが、これも少数派です。
やはり多くの普通の企業の場合「経営技術力」を改善・向上させることにより「経営力」を上げなければなりません。

経営技術力=攻撃力×守備力
理念を実現するために必要な、マーケットに対し「攻めるチカラ」と「守るチカラ」

立派な理念があっても、それを具体的な活動にするためには「会社を経営する技術のチカラ」が必要です。この「経営技術力」がなければ、せっかくの理念も「絵に描いた餅」となってしまいます。この「経営技術力」は、まさに「実践のチカラ」であり、

  • 攻撃力・・・マーケットを攻めるチカラ
  • 守備力・・・会社を守るチカラ・負けないチカラ

の二つに分けられます。まさに「攻守揃ったチーム作り」です。
企業の創業期・成長期は、創業者の「カン・根性」でグイグイとチームを引っ張り、それなりの成果を得ますが、殆どのケースで「伸び悩み時期」が訪れます。その原因が「経営技術力」にあることが少なくありません。
経営者自身の「経営の技術力(=攻撃力・守備力)」を改善・強化することが非常に重要です。

マーカスのコンサルティング

マーカスは、経営技術力=攻撃力・守備力を改善・強化するために下記のようなコンサルティング・プログラムをご用意してます。

  • 攻撃力のコンサルティング
    • 営業管理力改善・強化
  • 守備力のコンサルティング
    • 税理士顧問
    • 経営計画策定運用支援
    • 月次決算運用支援
    • 節税戦略立案
    • 資金力改善強化支援

是非、ご検討ください。

  • LINEで送る

飲みに行きましょか? 面談のご希望等は、お気軽に

飲みに行きましょか?

堀井との面談をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。
飲みに行きましょか?

  • 経営のこと
  • 人材のこと
  • 会計のこと
  • 税理士のこと
  • 受験のこと
  • 趣味のこと
  • ブログで書けない裏話

などなど・・・。

マーカスまでお気軽にお越しください。
フェイスブックの「友達申請」の「ノリ」で名刺交換から始めましょう。
そのあとは「いっぱい」飲みながらでもウェルカム!です。
若い人たちと飲むのも大好きなので、20代、30代~でも大歓迎です(笑)
ちなみに・・・
私は、とりあえずビールを一杯飲んだら、あとは、勝手に手酌で日本酒をひたすら飲みます(笑)
でも、どれだけ盛り上がっても「カラオケ」とか「ショーパブ」のような「うるさいところ」は大嫌いなので、誘わないでくださいね!
お姉さんのお店も「面食い」なので、相当のレベルでないと納得できないので、ご無理のないように(爆)

ではでは、ご連絡、お待ちしています!



面談のご希望はこちらへ

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。