支持率を上げて、指示率を下げる

  • LINEで送る
叱る

中小企業には「ワンマン経営者」が少なくありません。
特に、創業期には「独裁」と言われるほど強いリーダーシップが必要なので、むしろ「ワンマン」の方がうまくいくようです。
しかし、安定期に入ったならば、そのマネジメントは徐々に変化させなければ成長率が鈍化する、という事例を数多く見てきました。

それは「国家」の成り立ちにそっくりなので
「人の集団のマネジメントって本質的に同じなんだろうな」とよく思います。

すでに、メンバーの経験値もスキルも十分なレベルに達しているのに「独裁」「ワンマン」を続けていると、組織内に沸々と不満や不安が膨らんでいきます。
それは、優秀な人材ほど顕著に感じるようで、その中から「離脱組」が現れ始めます。「民主化運動」が始まるのです。

それを上手く表現した言葉を見つけました。

組織が成長するに応じて「支持率を上げ、指示率を下げる」・・・
つまり、メンバーからの支持・信用を高め、
徐々に権限を委譲し、任せていく、という意味です。
「支持率を上げ」というのは、経営者が示す方向への賛同・納得のことです。

「社長が言うから従おう」というレベルではなく
「社長が示す方向に、納得し、賛同するので、その実現のために、自ら考えて行動しよう!」というレベル
です。

経営者の日常の言動が大切です。
その言動に信用がなければ、支持率が低いので「言ったとおりに動かない」「動いてほしいのに無関心」という現象が目立ち、経営者は、我慢できずに「がみがみ」刺激的な言葉を多く発するようになります。つまり、事細かな指示が増えるのです。言われる側も、気持ちよくないので、悪循環が始まります。

「支持率が低いので、指示率が高くなる」という逆の状態です。

参院選、都知事選の報道を見ていると、集団を引き付け、リーダーシップを発揮するには「支持率」が重要であることがよくわかります。

経営者は、常に、社内外の「支持率」を高める取り組みが必要ですね。

  • LINEで送る

飲みに行きましょか? 面談のご希望等は、お気軽に

飲みに行きましょか?

堀井との面談をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。
飲みに行きましょか?

  • 経営のこと
  • 人材のこと
  • 会計のこと
  • 税理士のこと
  • 受験のこと
  • 趣味のこと
  • ブログで書けない裏話

などなど・・・。

マーカスまでお気軽にお越しください。
フェイスブックの「友達申請」の「ノリ」で名刺交換から始めましょう。
そのあとは「いっぱい」飲みながらでもウェルカム!です。
若い人たちと飲むのも大好きなので、20代、30代~でも大歓迎です(笑)
ちなみに・・・
私は、とりあえずビールを一杯飲んだら、あとは、勝手に手酌で日本酒をひたすら飲みます(笑)
でも、どれだけ盛り上がっても「カラオケ」とか「ショーパブ」のような「うるさいところ」は大嫌いなので、誘わないでくださいね!
お姉さんのお店も「面食い」なので、相当のレベルでないと納得できないので、ご無理のないように(爆)

ではでは、ご連絡、お待ちしています!



面談のご希望はこちらへ

SNSでもご購読できます。