経営計画なんてホントはいらない、と思っているけど

  • LINEで送る
目標設定

税理士として税務調査に立ち会っているかと思えば、
社員研修のお手伝いをしたり、
時には、アプリケーションの開発にどっぷり参加してみたり・・・。

時々「あなたは、いったい何屋さん?」と周りからも言われる始末。
「手広く、やってはりまんな~」とイヤミ(?)も(笑)。

冷静に客観視してみると、言われても仕方がないかな・・・と思う器用貧乏な私ですが、気が多く、浮気性を自称している、いわゆる「性格由来」なので「どこ吹く風」です。

そんな中の一つ「経営計画の仕事」について、書き残しておこうと思います。

経営計画なんていらない、と、本当は思ってる

企業経営のノウハウ本なんかには「経営計画の重要性・必要性」が説いてありますが、本当は、そんなもの無くても、取引先や社員から喜んでもらって、経営者の想い通りの成果が出れば結果オーライ、です。経営計画を作らず、行き当たりばったりでも黒字経営が続けば理想です。できることなら、そうありたい、とも思います。

ところが・・・ですよね。

ほとんどの中小企業が、何らかの課題や問題を抱えています。
また、その大半が「無計画ゆえ発生した課題や問題」なのです。
「無計画」とは、言い換えれば「目標未設定」です。

極端な言い方をすれば「宝くじ、当たったらええな~」と思いながら「買ってない」と同じ。
当たりたかったら、買えば「ゼロ」ではなくなる。
でも「どうせ、買っても当たらないし」とあきらめている、というのと似ています。

「望む結果があるなら、アクションを起こさないと」と思うのです。
そして、どうせなら「結果に結びつきやすいアクション」にすべきですよね?

宝くじでも「よく当たる売り場」を目指す人がいるのは、その真偽はわかりませんが「より当たりやすいアクション」を起こしているわけです。

私が思う「経営計画」は、こんな感じです。
つまり「正しい計画=望む結果に繋がる計画」を立てて、それを「実行」する。

十八番の方程式にすれば・・・

「正しい計画」×「正しい行動」=「望む結果・成果」

です。

計画達成の方程式=正しい計画×正しい行動

経営目的や目標を達成するためには「正しい計画」と、その「正しい行動」が必要です。

一見「屁理屈」のように見える、この方程式ですが「料理」に例えれば、「屁理屈」でないことが分かってもらえるでしょう。
つまり「正しいレシピ=計画」と「正しい調理=行動」と、本質的に同様です。
経営者の「想い」を実現するためには、そのための「正しい計画」が必要です。

その「正しい計画」とは、

  • G:具体的なゴール設定
  • S:そこに至る具体的なシナリオ
  • C:そのシナリオを実行するキャスティング
    の3要素が満たされた計画です。

具体的には・・・
「G;3年後に実現したい成果」をできるだけ具体的に言語化し、
「S:36ヶ月のシナリオ」を作成し、
「C:それぞれを担当者」に振り分ける。
って感じです。

この時点で、経営者の「熱」がわかります。
「心底ゴールを目指しているか?」
「本当に、そうしたいと思ってる?」
「絶対、宝くじ、当たりたい?」

この「熱」が、私のモチベーションになります。

「絶対、実現してもらうために、関与したい!」と思わせてくれるか
「・・・誰のためにやってんの、この仕事・・・」と思わせてくれるか。

後者であれば、そこで「ゲーム・オーバー」。

「社長、経営計画、ちょっと時間、空けましょか」と打ち切ります(笑)。

「正しい行動」

正しい行動とは「計画通りに実行する」です。
マーカスのお手伝いは、この「実行支援」です。
「言い訳できない外部圧力のご提供」を行います。

具体的には「定例経営会議」のオブザーバー出席。
会議に参加させていただき、GSCのチェックです。
G:ゴールは、ぶれていないか?
S:シナリオ通りに行動しているか?シナリオの修正は必要か?
C:リーダー達のミッション遂行状況は?
などを「大人の事情」を知らないフリをして突っ込みます。

課題が山積みなのに経営計画がない会社が多すぎる!

30年以上も、中小企業経営を目の当たりにして、経営計画がない会社が多すぎる、と思っています。
前述したように、経営計画がなくても、うまく経営している会社は、それで良いのですが、課題や問題を抱えているのに経営計画が無いのです。
「長年のカンと根性」でカレーを作って、不味くはないし、空腹も満たされるので、特に問題がない、と経営者は感じているのです。
でも、取引先も社員も「もっと美味しいもん食べたいな~」と思っていることが少なくありません。
せっかくなら「とびきり美味しいカレーを作ったらええのに」と思うのです。
その方が、取引先も社員も「お~~~これはウマい!」とメチャクチャ喜んでくれます。
そうすると社長も気持ち良いはずです。
なのに「このカレーで文句言うな!腹ふくれるやろ!」と、我が道を進みます。
本当は、社長自身が、もっと美味しいカレーを食べたいと思っているくせに、です。

だから「取引先や社員に、とびきりウマいカレーを食わせてやりたい!」という熱い気持ちを聞くと「手伝いたい!」と思うのです。
なぜなら「美味しいカレー」が、どれだけ幸福に効果的か、を、いくつも見てきたからです。

まとめ

結局、好きなんでしょうね「経営計画の仕事」。
「みんながもっと幸せになるための仕事」だからです。
取引先・社員・社長、それぞれがもっと幸せになるように、シナリオを作って、それに向かってみんなで頑張る。
そして、達成したときはお金で買えない幸福感を感じることができます。
おせっかいかもしれませんが、そこに関与できること自体を幸福に感じます。

楽しいですよ、経営計画の仕事!
もっとやりたいな~!

  • LINEで送る

飲みに行きましょか? 面談のご希望等は、お気軽に

飲みに行きましょか?

堀井との面談をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。
飲みに行きましょか?

  • 経営のこと
  • 人材のこと
  • 会計のこと
  • 税理士のこと
  • 受験のこと
  • 趣味のこと
  • ブログで書けない裏話

などなど・・・。

マーカスまでお気軽にお越しください。
フェイスブックの「友達申請」の「ノリ」で名刺交換から始めましょう。
そのあとは「いっぱい」飲みながらでもウェルカム!です。
若い人たちと飲むのも大好きなので、20代、30代~でも大歓迎です(笑)
ちなみに・・・
私は、とりあえずビールを一杯飲んだら、あとは、勝手に手酌で日本酒をひたすら飲みます(笑)
でも、どれだけ盛り上がっても「カラオケ」とか「ショーパブ」のような「うるさいところ」は大嫌いなので、誘わないでくださいね!
お姉さんのお店も「面食い」なので、相当のレベルでないと納得できないので、ご無理のないように(爆)

ではでは、ご連絡、お待ちしています!



面談のご希望はこちらへ

SNSでもご購読できます。