コミュニケーションエラー、あいまいな言葉使いの落とし穴

  • LINEで送る
コミュニケーションエラー

「会社の成長」「人の成長」「成長企業」って具合に「成長」という言葉をよく使います。

「成長企業」って聞くと、規模や利益を増やしている企業、ってイメージを持つ人が多いと思います。

しかし、意地悪に見ると・・・・・

規模や利益が増えなければ「成長」していない、ってことでしょうか?


実は、違いますよね?
規模・利益以外にも「成長」を示すものは多々あります。

例えば・・・
・売上も利益も変わらないが、
・生産性を改善して、
・利益”率”を上げ
・その成果は給与や賞与、福利厚生で還元
とすると、表面的な売上や利益も変わりません。
これも立派な成長だと思います。

社長は「当社は、順調に成長している」と言い
社員は「大きくなってないから成長していない」と言う。

何が問題か?

社内で何気なく使っている言葉の定義。

それぞれ、違う意味で使っているケースが少なくありません。
お互い、意思疎通が図れているような気になりますが、
実際には「コミュニケーションエラー」が起きています。

社長は「常に社員に伝えているよ」と言う。
でも、社員には「間違って伝わっている」ということが少なくありません。

例えば・・・
貴社の「事業目的」はなんですか?
どんな状態になれば「目的達成」って言えますか?
その「言葉」は、全員で共有できていますか?

と、社長と社員の双方に同じ質問をしたときに、正確に同じ回答が返ってくることが想像以上に少ないのです。

もったいないなーと思います。

改めて・・・

大事な言葉ほど、その「定義」を相互確認してみてください。
「言葉の定義の共有」は、メチャクチャ大事と思うのです。

  • LINEで送る

飲みに行きましょか? 面談のご希望等は、お気軽に

飲みに行きましょか?

堀井との面談をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。
飲みに行きましょか?

  • 経営のこと
  • 人材のこと
  • 会計のこと
  • 税理士のこと
  • 受験のこと
  • 趣味のこと
  • ブログで書けない裏話

などなど・・・。

マーカスまでお気軽にお越しください。
フェイスブックの「友達申請」の「ノリ」で名刺交換から始めましょう。
そのあとは「いっぱい」飲みながらでもウェルカム!です。
若い人たちと飲むのも大好きなので、20代、30代~でも大歓迎です(笑)
ちなみに・・・
私は、とりあえずビールを一杯飲んだら、あとは、勝手に手酌で日本酒をひたすら飲みます(笑)
でも、どれだけ盛り上がっても「カラオケ」とか「ショーパブ」のような「うるさいところ」は大嫌いなので、誘わないでくださいね!
お姉さんのお店も「面食い」なので、相当のレベルでないと納得できないので、ご無理のないように(爆)

ではでは、ご連絡、お待ちしています!



面談のご希望はこちらへ

SNSでもご購読できます。