人事評価が不透明な「ブラック “ボックス” 企業」

  • LINEで送る
ブラックボックス

昨今「ブラック企業」という言葉をよく聞きます。

ウィキペディアを検索すると
「狭義には新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指す」
と、説明してありますが、
ここでご紹介するのは
「ブラック企業」ではなく「ブラック”ボックス”企業」です。

これは、私がたまたま思いついた言葉ですが
「人事評価の制度がなく、社員の給与や賞与の決定プロセスがブラックボックスとなっている企業」を指します。
また、
「人事評価の制度はあるが、適切に運用されていない企業」をグレーボックス企業と定義してます。

なぜ、このような言葉をご紹介するか、というと、様々な中小企業に接している中で、ブラックボックス企業・グレーボックス企業が多く、その結果、労使ともにストレスを抱えている場面をしょっちゅう見かけるからです。

その結果、

経営者は・・・

  • 社員のモチベーションが中々上がらない
  • 社員が育たない
  • 給与や賞与に不満を持っており、経営しづらい

などの悩みを語ってくれます。

一方、社員側は、

  • 昇給や賞与は、社長の一存・感覚で決まるから将来が不安
  • 何をどのように頑張れば昇給するのか、わからない
  • 正当に評価されていない

などの不安や不満を抱えたまま仕事をしています。

企業はヒトなり、といいます。

ただでさえ採用が困難で、慢性的な「人材不足」の環境の中で、既存メンバーを育成し、チーム力を改善・強化することは、大袈裟に言えば、企業の存続さえ左右する大問題です。

なのに・・・

人事評価を疎かにしている中小零細企業が多いことは「社会的損失」とさえ思うのです。

「人事評価」は、給与や賞与を決めるだけでなく、それ以前に
「君たちには、これらのスキルをアップしてほしい」という
経営者から、社員に対するメッセージでもあり、
とりもなおさず「人材育成」に不可欠な仕組みです。

多くの中小企業において
「正しい人事評価」の導入・運用を促したいと思っています。

  • LINEで送る

飲みに行きましょか? 面談のご希望等は、お気軽に

飲みに行きましょか?

堀井との面談をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。
飲みに行きましょか?

  • 経営のこと
  • 人材のこと
  • 会計のこと
  • 税理士のこと
  • 受験のこと
  • 趣味のこと
  • ブログで書けない裏話

などなど・・・。

マーカスまでお気軽にお越しください。
フェイスブックの「友達申請」の「ノリ」で名刺交換から始めましょう。
そのあとは「いっぱい」飲みながらでもウェルカム!です。
若い人たちと飲むのも大好きなので、20代、30代~でも大歓迎です(笑)
ちなみに・・・
私は、とりあえずビールを一杯飲んだら、あとは、勝手に手酌で日本酒をひたすら飲みます(笑)
でも、どれだけ盛り上がっても「カラオケ」とか「ショーパブ」のような「うるさいところ」は大嫌いなので、誘わないでくださいね!
お姉さんのお店も「面食い」なので、相当のレベルでないと納得できないので、ご無理のないように(爆)

ではでは、ご連絡、お待ちしています!



面談のご希望はこちらへ

SNSでもご購読できます。