進んで「残業」した若い頃

  • LINEで送る
残業

昨今、働き方改革とか、ライフワークバランスとか、ブラックとか・・・何とかかんとか。
時々、その話題に違和感を感じると同時に、若い頃を思い出します。

若い頃「残業」が大好きでした。
より多くの経験をする方が、より早くゴールにたどり着ける、と信じて疑わなかったからです。

とにかく早く「プロ」になりたかった。

その為には、とにかく沢山経験すること、と思い込んでいました。
残業手当はいらないから、残業させてほしい、とボスに掛け合ったこともあります。
お金は後で稼げるけど、時間は取り戻せない、と思ってたからです。

寝るのも勿体ない、と思って、徹夜も常態化していました。

目標や目的や夢があったからです。

「残業」は「現象」です。

事の本質は「天職」を見つけることです。

若い頃に夢見た仕事に就くことが出来、後悔のかけらもない今、本当にラッキーだったと思います。

冒頭のキーワードで悩んでいるビジネスパーソンを見ると、ホント「自分に正直に向き合い、本当に好きなことを見つけて!」とアドバイスします。

それを見つければ、全部解決だと思うのです。

  • LINEで送る

飲みに行きましょか? 面談のご希望等は、お気軽に

飲みに行きましょか?

堀井との面談をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。
飲みに行きましょか?

  • 経営のこと
  • 人材のこと
  • 会計のこと
  • 税理士のこと
  • 受験のこと
  • 趣味のこと
  • ブログで書けない裏話

などなど・・・。

マーカスまでお気軽にお越しください。
フェイスブックの「友達申請」の「ノリ」で名刺交換から始めましょう。
そのあとは「いっぱい」飲みながらでもウェルカム!です。
若い人たちと飲むのも大好きなので、20代、30代~でも大歓迎です(笑)
ちなみに・・・
私は、とりあえずビールを一杯飲んだら、あとは、勝手に手酌で日本酒をひたすら飲みます(笑)
でも、どれだけ盛り上がっても「カラオケ」とか「ショーパブ」のような「うるさいところ」は大嫌いなので、誘わないでくださいね!
お姉さんのお店も「面食い」なので、相当のレベルでないと納得できないので、ご無理のないように(爆)

ではでは、ご連絡、お待ちしています!



面談のご希望はこちらへ

SNSでもご購読できます。