昭和世代の意識改革は難しい?

  • LINEで送る
叱る

組織マネジメントで苦労しているリーダーを見ていると、
「メンバーを自分に合わさせよう」としている、
という共通点があるように思います。

なんでやろ?と話を聞いていると
その原点は「昭和」なのかな?と思います。

まだ、***ハラスメントなんて言葉がなかった時代。

学校では、生徒をビンタしても、
「先生、厳しくご指導してもらってありがとうございます」
と、感謝する親がいた時代。

職場でも、失敗すると、胸倉を掴まれ
「お前なんか、辞めてしまえ!」
平気で、今でいう「暴言」がまかり通っていた時代。

多少のドンパチがあっても
「おい、今夜、空けとけ!」
と部下の都合なんかイチイチ聞かずに「命令」し
夜の街に繰り出し、酒を酌み交わして和解、
みたいのが当たり前の時代。

「黙って俺についてくればええんや!」
酔っぱらって感極まった部下は
勢い余って
「ボス!一生付いていきます!」
涙ぐみながら宣言する場面が酒場の彼方此方で見られた時代。

「親分肌」のリーダーが、むしろカッコイイと思えた時代。

などなど・・・私にもキリがないくらいの思い出があります。

そこには「同じ釜の飯を食っている愛情」がありました。

若い頃、そんな環境で育ててもらったリーダー達は、
今になって
「当時は、ボスをぶっ殺してやろう!なんて思ってたけど
 今になると、ありがたいな、と思うよ、ホント」

と、ノスタルジックにその「効果」を噛み締めています。

だから・・・。

ここからが不幸の始まりです(笑)

自分の時と同じように、部下に接する。
最悪の場合は「俺の若い頃はな~」なんて
聞かれてもいないのに昔話を聞かせる。

残念ながら、そんなことが通用しない時代になったようです。

明らかに時代の価値観が大きく変わりました。

環境が変わったのです。

なのに手段を変えようとしないリーダーが苦労しています。

タチの悪いことに、この世代は「頑固者」です。

自分を変えることなく、相手を変えようと、益々チカラを込めます。

どんどん離れていく今の世代。

「相手を変えるのではなく、自分を変えればいいんや」
理屈は分かっていても、
なかなか実行できない、不器用な世代。

昭和育ちの苦労は、このままずっと続くのでしょうか・・・(笑)

  • LINEで送る

飲みに行きましょか? 面談のご希望等は、お気軽に

飲みに行きましょか?

堀井との面談をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。
飲みに行きましょか?

  • 経営のこと
  • 人材のこと
  • 会計のこと
  • 税理士のこと
  • 受験のこと
  • 趣味のこと
  • ブログで書けない裏話

などなど・・・。

マーカスまでお気軽にお越しください。
フェイスブックの「友達申請」の「ノリ」で名刺交換から始めましょう。
そのあとは「いっぱい」飲みながらでもウェルカム!です。
若い人たちと飲むのも大好きなので、20代、30代~でも大歓迎です(笑)
ちなみに・・・
私は、とりあえずビールを一杯飲んだら、あとは、勝手に手酌で日本酒をひたすら飲みます(笑)
でも、どれだけ盛り上がっても「カラオケ」とか「ショーパブ」のような「うるさいところ」は大嫌いなので、誘わないでくださいね!
お姉さんのお店も「面食い」なので、相当のレベルでないと納得できないので、ご無理のないように(爆)

ではでは、ご連絡、お待ちしています!



面談のご希望はこちらへ

SNSでもご購読できます。