社長の想いを見える化=ミッション制作・運用サポート

「ミッション経営」って何だ??

業績好調な企業経営者と面談すると、必ず「想い」があることに気付かされます。
その「想い」とは「なぜ、事業をしているのか?」という「根本的な事業目的」です。
そこに感ずる「使命感」や「社会貢献意識」は、ときに「経営哲学」と称されることもあります。
このような「想い」「哲学」に沿った事業経営のスタイルを一般に「ミッション経営」と言われています。

組織が小さいときは、経営トップが、個々のメンバーに日常的に語りかけることによって「私の想い=当社のミッション」を伝えることができますが、メンバーが増えるにしたがって、その浸透力は薄れていきます。
そこで「ミッションを見える化」の必要性が出てくるのです。
「企業はヒトなり」と言いますが、メンバーの一人一人に経営者の価値観や想いを正しく理解してもらうために「見えるもの」が必要不可欠です。
社員一人一人の能力や実力が高くても「当社が目指すもの=ゴール」を共有しなければ組織力を発揮することができず、その結果「想いの実現」も遠のくことになってしまいます。

「社是」「理念」とは違うの?

ミッションは、結果的に「社是」や「会社理念」と同じものになります。
しかし、従来の「社是」等は、「顧客第一主義」などのスローガンとして形式化・形骸化していることが多く、個々の社員の行動にまで浸透していることは稀です。
つまり「ミッションがあること」が重要なのではなく社長をはじめとして、全社員が「ミッションに沿った考え方・行動」をしているかどうかが重要なのです。
したがって、ミッションを日常業務の中で継続的に意識させ習慣化するような活動・取組が極めて大切です。

ミッションを習慣化する活動

ミッションを行動習慣にまで浸透させるには少々根気が必要であり、その為の地道な活動を継続させなければなりません。

社是や会社理念が形骸化し意識からフェイドアウトしてしまう場合、次のステップで検証を行います。

  • 理解:そもそも理解できているのか?
  • 賛同:そもそも賛同してくれている?
  • 行動:賛同しているのに行動できない?
  • 習慣:時間が経つと元に戻っている?

どこに原因があるか?が解明できれば

  • 正しく理解してもらう説明会の開催
  • 賛同が得られる内容に改定
  • 行動を促す仕組みや仕掛けの導入
  • 習慣化のための反復研修や共有会議開催

などの活動により浸透を図ります。

経営理念・行動指針の構造

一般的に、経営理念や行動指針の構造は下記のようになっています。

  • 経営理念=会社の存在意義は何か?
  • 経営ビジョン=何を目指しているのか?
  • 行動指針・価値基準等=その為に、どのように考え、行動するのか?

人材の成長を促し、組織を活性化させ、経営者の想いを果たすために必要なこれらのツールは、その制作のプロセスにおいて経営者自身の考えを整理することができ、その後の「メッセージ性」や「伝達力」が飛躍的に改善するところにも、その効果が見て取ることができます。

経営理念立案・実行サポート

STEP_01:経営者インタビュー
まずは、社長とじっくり意見交換。社長の「想い」を整理し、一冊のレポートにまとめます。このレポートがミッションのベースとなります。
STEP_02:原案のご提案
社長の「想い」を10~15の短い文章に表現し、ミッションの原案をご提案します。
STEP_03:ディスカッション=完成
ミッションの原案を基に議論を重ね、完成形の制作を行います。
STEP_04:社内リリース~研修会
ミッション研修会の開催。社長の「想い」が詰まったミッションを、全社員に伝え、理解を促します。
STEP_05:定着の為の会議開催
定期的(四半期ごと)に「ミッションの実践に関するディスカッション会議」を開催し、日常の意識や行動に反映するよう継続的なメンテナンスをサポートします。