基礎スキルの方程式

[ビジネススキル] = [基礎スキル] × [実務スキル・専門スキル]

人材のスキルは【基礎力】×【実務力・専門力】という方程式で表すことができます。
つまり、【基礎力】と【実務力・専門力】の「掛け算」です。

どんな仕事も「基礎力」が充分でなければ、
どれだけ「専門力・実務力」を学んでもパフォーマンスは上がりません。

スポーツの世界を見てみると、よくわかります。
基礎体力や基本的な運動能力がなければ、
どんな競技にチャレンジしても成果を得ることはできません。

バットやグローブを持つ前に、筋トレや走り込みが必要です。
専門的な知識や技術の前に、基礎のトレーニングが必要なのです。
本人たちも、キャッチボール、バッティングのトレーニングを重ねることが
成長につながる、と信じて頑張っていますが、
そもそもスタミナがなければ、成果が出ない、ということと同じです。

マーカスでは、年齢や職種に関係なく、すべてのビジネスパーソンに必要な「基礎スキル」の修得を推奨しています。