後継者育成支援

「創業者」と前提が違う「後継者」

中小企業の事業承継において「後継者不足(不在)」は、全国的に深刻な問題です。
中小企業経営者の「出口」は

  1. M&Aによる会社譲渡
  2. 後継者への事業承継
  3. 清算・廃業」

の三つしかありません。
ここで、最も多い選択肢である「後継者への事業承継」の一つである「後継者育成サポート」をご紹介します。

「後継者育成」は「経営者に必要な経営スキルの学習支援」と言い換えることができます。
そもそも「経営者」となる人材ですから「自ら学ぶ意識や姿勢」が必要条件であることは言うまでもありません。
しかし「何から、どうやって勉強すればいいのか?」と悩んでいる間に「自己流の学習」になってしまい、非効率な学習であったり、学習する優先順位を誤ったり、時には、間違ったことを勉強したり、という残念な場面を見かけることも少なくありません。

また、一方で、先代経営者も、特に創業者の場合は「自己流の成功者」であるため教えることが苦手であったり、教えようのない「感覚」で経営を成功させてきた人なので、なかなか「一子相伝」とはならないようです。

「無から立ち上げる経営」と
「すでにある事業を引き継ぐ経営」では、
スタートラインが違います。

創業者の場合は、自身の成長と共に会社も成長するので同期しています。
しかし、後継者の場合は「追いつく必要性」があります。

マーカスは下記の「企業力強化」のメソッドをベースに「追いつくためのカリキュラム」としてアレンジします。

企業力強化のカリキュラム

  • 理念力(=社会力×伝達力)
    経営者の最も重要な仕事の一つが「組織統制力」です。組織に理念や方針、目的を正しく伝え、賛同してもらうスキルが重要かつ不可欠です。

  • 経営技術力(=攻撃力×守備力)
    ビジネスは、時に「戦い」に例えられます。実際、ライバルとの競争に勝ち、市場に受け入れられなければなりません。また、一方で、ライバルから、あるいは、税法を含む法的トラブルから会社を守るチカラも重要です。

  • 素養力(=採用力×育成力)
    企業は人なり。人材採用の優劣はダイレクトに業績に影響します。また、期待する人材に育成する仕組みも併用しなければ、優秀な人材であっても活かすことができません。

  • 環境力(=透明力×評価力)
    優秀な人材が活躍する職場に不可欠なのが「公正な評価ルール」と「その正しい運用」です。この仕組みがないと「優秀な人材が流出する組織」になってしまいます。

研修スタイル

マーカスの「後継者育成プログラム」はご要望や状況に応じて「個別方式」と「グループ方式」のいずれかを選択していただ
くことができます。

「個別方式」は、文字通り「家庭教師」と同様のスタイルです。個別事情に応じて完全オリジナルのカリキュラムを作成し、サポートします。

一方「グループ方式」は「後継者仲間」「2代目勉強会」などのグループに、マーカスが講師として招かれリクエストに応じて定期的にセミナーを開催する、というスタイルです。例えば「経営者としての決算書の活用方法」「組織活性化のヒント」というように、具体的なテーマを設定して実施します。

また、宿泊を伴う「合宿」などのサポートを行うことも可能です。

費用は、カリキュラムに応じてお見積りになります。是非、ご検討ください。