堀井弘三 プロフィール

マーカス 代表 税理士 堀井弘三

大阪 税理士 堀井弘三

  • 1961年11月16日生
  • さそり座
  • 丑年
  • B型
  • 税理士 (近畿税理士会#69268)
  • マーカス経営会計事務所 代表
  • 株式会社マーカス・マネジメント 代表取締役社長
  • 京都生まれ
  • インタビュー記事:ニッポンの社長
  • 高校3年生のときに「税理士」という職業を知る。
    特に理由も無く「なりたい」と直感的に思った。
    18歳のとき、簿記3級を受験。
    「やっぱり、向いてる。面白い!」。
    そこから28歳の合格まで10年間、
    時々「よそ見」をしながら受験勉強。
    簿記論・財務諸表論・法人税法・相続税法・消費税法で5科目。
    複数の税理士事務所でお世話になりながら実務経験を積み、
    1999年8月、大阪・北浜で37歳で独立開業。
  • 得意なこと
    • 経営管理会計の設計・運用サポート
    • 実現できる事業計画書の企画制作・運用サポート
    • 業績連動型人事システムの設計・運用サポート
    • 基礎スキル研修
  • 休日
    とにかく歩くのが好き。
    天気さえ良ければ、大阪、京都の街歩き。
    53歳から始めた年間2000キロウォークがライフワーク
  • 食事・酒
    以前はとにかく良く飲んだ。
    強い方だったが、ここ数年はやっぱり弱くなった。
    食事は、何でも食べるが、スッポン・馬・カエル・ワニなど、牛・豚・羊・鶏以外の肉は避ける。
    牛といってもホルモンは食べるが美味しいと感じない。
    どれか?といわれれば「鶏」。
    焼肉は酒と共に弱くなった。
    もちろん、魚は大好き。
    日常は野菜中心の少食。
  • 趣味
    音楽。若い頃は京都のライブハウスで演奏して小遣稼ぎをしたこともある。
    今でも、いわゆる「オヤジバンド」したいが、時間が取れないのが悩み。
    もっぱら、ブルースやジャズがベースの洋楽。
    好きなアーティストだったら、仕事終わりに、フラッと「ビルボード」のカウンターで一杯する。
    日本の歌はほとんど知らないが、
    あえて言うなら「憂歌団」のライブはよく通った。
    ちなみにカラオケは、聞くのも歌うのも大嫌い。
    そもそも「カラオケ」という文化(?)になじめない。
  • ゴルフ
    全くしない。(できない?)
  • ギャンブル
    全くしない。しかし、競馬場でのミンナ本気の雰囲気は嫌いではない。
  • 好きなこと・好きな人
    本気モード。本気で何かに取り組んでいる人は、それが何であっても共感できる。「自然体で自分より隣人を優先する人」も尊敬する。
  • キライなこと
    車に長時間乗ること。
    車で旅行なんて苦痛でしかない。
    原付免許・普通免許も持っていない。
    あと、マイナスの話題で酒を飲むことも大嫌い。
    飲むときは「大風呂敷」広げてでも、前向きの話題でないと酒に失礼と思っている。
  • 映画
    中学生のとき(もう30年以上も前・・・)は、毎週のように映画館に通っていた。
    こう見えても「フランス映画」の「あの独特な雰囲気」が大好きで、
    その中でもギャングものの「ボルサリーノ」は忘れられない。
    「大脱走」「戦場にかける橋」と共にテーマ曲にはまっていた。
    あの頃は、スティーブ・マックイーン、チャールトン・ヘストン、アラン・ドロン、リノ・バンチュラ、スレッド・アステア、ジーン・ケリーなどがアイドルだった。
    ちなみにジェーム・スディーンはとっくに亡くなっていたが、衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えている。
    あと、映画では無いが、アメリカのテレビドラマ「ルーツ」にもはまった。
    最近DVDを入手したが、未開封・・・。
    好きな女性のタイプは?と聞かれたらオードリー・ヘップバーン、と答える。
  • 過去の趣味
    小学生の頃は「鉄道模型」。
    中学生は、上記「洋画」。
    高校生は、バンド活動に明け暮れる。
    大学生になってからは「バイトしまくり」という毎日。
    卒業後、28歳までは「受験勉強」
    税理士になってからは「仕事」かな・・・。
  • こづかいの使い道
    好きなアーティストのライブがあれば、オークションで良席を落札しなければならないので、その時に備えている。海外まで出かけたこともある。ローリング・ストーンズは、上海公演、ロンドン公演まで出かけてしまった。
  • 健康
    飲食には、結構、気遣っている。「薄味・少量・野菜中心」。
    飲料はミネラルウォーターかお茶だけで、缶コーヒーなどのジュース類は飲まない。一時、体重が増えたこともあったが、ここ数年は62キロで安定している。周りには「飲みすぎ」というイメージを持たれているようだが、最近は週に1~2回しか飲まない。毎年の人間ドックの成績は健康優良児。いつも「満点」。
  • タバコ
    ピアニッシモを一日10~15本くらい。どんなに値上げされても続ける決意は固い。やめたくても止められない、のではなく「好きだから吸い続けたい」という気持ち。おそらく亡くなった祖母の影響と思う。祖母もメンソールをいつも燻らしていた。
  • 老後の夢
    沢山ありすぎて困っている。その中でも「世界の大陸横断鉄道に乗る!」は、是非、実現したい。オーストラリアの「直線500キロ」は、絶対乗る、と思っている。数日間音信不通になるので、税理士をやっている間は難しい。大陸横断中は「国税局・税務署」も休戦してくれるなら現役中に行くかもしれないが。。。